豊南高等学校同窓会会則

1.名称

第1条
本会は豊南高等学校同窓会と称する。

2.組織

第2条
本会は事務局を豊南高等学校内に置く。

3.目的

第3条
本会は会員相互の親睦を図り、母校の興隆発展を授け、かつその校風を社会に宣揚することをもって目的とする。

4.事業

第4条

本会は次の事業を行う。

(1) 会員の集会
(2) 会報の発行
(3) 豊南高等学校において必要と認めたる事業の後援
(4) その他理事会において実施を決定したる事業

5.会員

第5条

本会の会員は次の2種とする。

(1) 豊南高等学校(前身学校を含む) を卒業したる者を正会員とする。
(2) 豊南高等学校の法人役員、教職員及び旧役員・旧教職員にして理事会の推薦ある者を特別会員とする。

6.役員

第6条

本会に次の役員を置く。

(1) 名誉会長1名
(2) 顧問若干名
(3) 会長1名
(4) 副会長4名(うち1名は事務局長を兼務)
(5) 理事12名以内(会長、副会長を含む)
(6) 監事2名
(7) 評議員 20名以内

第7条

役員の任期

(1) 役員の任期は2ヶ年とし、再任を妨げない。
(2) 任期は4月1日に始まり、翌々年の3月末日に終る。
(3) 後任者、途中新任者の任期は他の役員の残任期間と同じとする。
但し、各役員共、3月以後の最初の総会終了の日まで任期は延長するものとする。

第8条

役員の選出

(1) 名誉会長は豊南高等学校長がこれにあたる。
(2) 顧問は会長及び副会長経験者を以って充てる。
(3) 評議員は会長が正会員及び特別会員中より20名以内を選定し総会の承認を受ける。
(4) 理事は評議員中より12名以内を会長が委嘱する。
(5) 会長、副会長4名、会計理事2名を理事会の互選により決定する。
ただし、副会長中1名、会計理事中1名は特別会員たる理事をもってこれに充てる。
(6) 監事は理事でない評議員中より2名を会長が委嘱する。

7.役員の職務

第9条

各職務を以下のように定める。

(1) 名誉会長は必要に応じ指導及び助言を行う。
(2) 顧問は会長の要請により評議会に出席し、意見を述べることができる。
(3) 会長は会務を統理し、本会を代表する。
(4) 副会長は会長を補佐し、会長事故ある時はこれに代る。
(5) 事務局長は事務局を掌握し、母校と同窓会の連絡調整にあたる。
(6) 理事会は、会長、副会長及びその他の理事をもって組織し本会の業務を執行する。
(7) 評議員会は理事たる評議員を含めて組織し、会長の諮問事項を評決する。
(8) 監事は会計の監査を行う。

8.会議

第10条
総会は毎年1回以上開催することとし、その内容及び日時は理事会において決定する。
第11条
評議員会は必要に応じて開催することとする。
第12条
理事会は会長が必要に応じこれを招集する。

9.会計

第13条
本会の会計は正会員の会費及び寄附金等による。
第14条
正会員は入会金として金1千円。終身会費として金3千円を卒業と同時に納入するものとする。
第15条
本会の会計年度は毎年4月1日に始まり翌年3月末日に終る。
第16条
会計理事は年度末後最初の総会において、監事の監査を経たる決算報告を行うと共に、次年度の予算も報告する。

12.会則の変更

第17条
本会則の変更を要するときは、評議員会の諮問を経て理事会において決定し、総会の承認を受けるものとする。
附則
(1) 本会則は昭和55年4月1日より施行する。
(2) 本会則は平成30年6月より一部改正施行する。
PAGE TOP